水性ワックスの脱毛

ワックス脱毛の種類には、水性ワックスもあります。水性ワックスの場合ですと、お肌への粘着力が弱いタイプです。敏感な皮膚の人でも、比較的扱いやすいタイプのワックスです。水溶性の場合は肌への負担が軽いですし、商品の中には、お肌へのトリートメント効果があるタイプもあります。肌への負担が軽いのは良いのですが、細かいムダ毛の処理に関しては、粘着力が弱いためにあまり向いていないです。お肌の思わぬトラブルを回避するためにも、お手入れの手軽さや、ワックスの費用面からしても、水溶性は良いでしょう。大切なお肌への負担をかけずに、ワックス脱毛をしたいと考えるのであれば、ソトワックスの水性のタイプはピッタリです。

 

ソフトワックスはワックス自体が、とても柔らかいのが特徴です。他のワックスと比較をしてみても、温度を高くしてから、処理に使用されます。処理方法は、ペーパーや専用クロスを利用しえ、圧着させることでワックスとともに、ムダ毛の毛根より脱毛処理を行っていく方法です。ソフトワックスは水性ワックスと、油性ワックスという、2つの種類に分かれています。油性ワックスのほうですと、かなり粘着力が強くなります。そうした特徴がありますので、体の面が比較的広いパーツの処理に、メインで使用をされることになります。ですからデリケートな部位には、一般的には油性ワックスは使わないものです。

 

粘着力の強力な油性ワックスは、ワックス脱毛に熟練した知識と技能がある施術者が行うものであり、無知な状態で行うと皮膚に傷をつけることにもなりかねません。ですから一般の女の子がホームケアで利用をするには、油性ワックスの取り扱いは、ハードルが高いと言えます。皮膚への負担は重いですが、処理をしにくい細かい体毛も処理をしやすくはなります。ほかにもハードワックスがありますが、肌へ塗布したワックスがかたまり、固形状のワックスを剥がす脱毛のスタイルです。海外では、ハードワックスはポピュラーです。